学生の卒業旅行などの費用を用意するのに役立つトラベルキャッシングについて解説します。

キャッシングとカードローンは違う?

t2

「そういえばキャッシングとカードローンって何が違うの?」と素朴な疑問を感じたことがある人は多いのではないでしょうか?
どちらもお金を借りる行為には変わりないので、同じものだと考えている人もいるはずです。
最近ではキャッシングとカードローンの境目が曖昧になってきているため、そう思うのも当然かもしれません。
しかし、厳密にはキャッシングとカードローンは別物になります。

例えば、違いを知っておかないと予想していたよりも利息が高く、返済が苦しくなる場合がありますし、返済方法が考えていたシステムと異なり、戸惑うこともあるでしょう。
こういったことを避けるためにもキャッシングとはどういったものなのか、カードローンとはどういったものなのか、しっかりと理解しておくべきです。より詳細な情報を知りたい方はキャッシングサイトのまねたろうを見てください。情報がまとまっていて解りやすいです。

そこでキャッシングとカードローンの違いについて詳しく説明しようと思います。
お得に借りるためにも、金利をはじめ、借り方や返済方法の違いなどを理解し、自分にとってどちらが合っているのかを判断してください。

そもそもキャッシングとは?

キャッシングとはキャッシングカードやクレジットカードを利用してお金を借りることをいいます。
消費者金融の窓口、ATM、CD(キャッシュディスペンサー)などからお金を引き出すのが一般的です。
基本的に借りるのにあたって、担保や保証人は不要ですし、本人確認書類のみの提出でOKです。
ただし、申し込み額が多い場合は収入証明書が必要になります。

利用限度額は各キャッシング会社や本人の返済能力によって異なり、多いところもあれば、少ないところもあります。
ちなみに大手の消費者金融は基本的に利用限度額が大きいです。
返済能力が低いとみなされると50万円を希望していても10万円しか借りられない場合があります。

返済方法は翌月一括払いが一般的です。
お金を借りた場合、翌月に借りた分と利息分のお金をまとめて支払うことになります。
分割ではなく、翌月に一括で返済しないといけないため、大金を借りてしまうと支払いが難しくなりますが、1ヶ月しか借りないので、利息の計算が簡単ですし、毎月返済に追われる心配がありません。

そもそもカードローンとは?

カードローンとはローンカードやクレジットカード、キャッシングカードを利用してお金を借りることです。
キャッシングと利用方法自体は同じなので、窓口やATM、CD(キャッシュディスペンサー)などからお金を引き出します。
申し込み方法もキャッシングと変わらず、担保や保証人はいりません。
必要になるのは本人確認書類のみで、申し込み額が多い場合に限り、収入証明書が必要になります。
利用限度額もキャッシングと同じように借入先によって異なります。

カードローンの返済方法は分割払いが一般的です。
毎月少額ずつ返済していくため、負担が少なく、返済が困難になる可能性が低いです。
そのため、100万円や200万円といった大金を借りても、安定収入があれば、余裕を持って返済することができます。

ただし、返済期間が長くなるため、完済までに時間がかかるというデメリットがあります。
返済期間が長くなるということは、それだけ利息がつくということです。
カードローンを利用すると総支払額が多くなってしまうので注意してください。

最新投稿