借りすぎには注意 キャッシングの心構え

t2
専業主婦のカードローンの使い道は色々あると思います。
生活費の足しにしたり、子供の塾の費用に充てたり、趣味やショッピング、冠婚葬祭などに使っている方もいるでしょう。
ちょっとお金が必要になった時にカードローンは非常に便利な存在ですが、借り過ぎてしまうと大変なことになってしまいます。
最初は慎重にカードローンを利用していても慣れてくると自分の貯金を下ろすかのように使ってしまう可能性があります。
こうなってしまうと歯止めがきかなくなり、借金がどんどん増えていき、最終的に滞納するようになって、トラブルに発展するという
ケースがあるので注意しましょう。
仮に滞納した場合、電話やハガキによる督促が始まり、家族に内緒で借りている方だとこれを機にバレてしまいます。
督促を無視すると信用情報に傷がつき、キャッシング・カードローンの利用やクレジットカードの発行ができなくなります。
さらに一括返済を要求されたり、場合によっては裁判に発展するかもしれません。

必要な時に必要な分だけ借りる

返済で苦しまないためにも必要な時に必要な分だけ借りるようにしてください。
利用限度額が30万円の場合、30万円いっぱいまで借りてしまう方が多いですが、わざわざ限界まで借りる必要はありません。
その時に必要なのが1万円なら1万円しか借りず、余裕を持って2万円借りようなんて思わないでください。
なんとなく借りてしまって返済に悩まされる方が多いので、利用する前にそもそも本当にお金を借りる必要があるのかというのも考えましょう。

嘘の申告をしない

審査に通る自信がないと嘘の申告をしてしまいたくなりますが、それは絶対にやってはいけないことです。
専業主婦だとお金を借りづらいイメージが強いですし、たしかに仕事をしている人と比べると審査も厳しくなるので、少しでも評価を上げるために必要情報を誤魔化したくなる気持ちも分からないでもありません。
しかし、嘘の申告をしても簡単にバレてしまいます。
バレてしまうと評価が高くなるどころか、一気に下がってしまうので、どんな言い訳をしても融資を断られる可能性が高くなります。
カードローンやキャッシングはお互いの信用で成り立っているサービスです。
嘘の申告をするということをその信用を裏切ることになります。
カードローンの審査に通りたいなら誤魔化すのではなく、しっかりと正確な情報を申告することが大切です。
ビクビクしながらお金を借りるよりもよっぽどこっちの方が気持ち良く借りることができます。