借入限度額と適用金利の関係

借入限度額と適用金利の関係

借入限度額と適用金利は深く関係しています。
一般的に借入限度額が多くなれば多くなるほど適用金利が低くなります。
借入限度額が50万円以下の場合と500万円以下の場合とでは全く金利が異なると思ってください。
これは消費者金融でも銀行カードローンでも変わりません。

消費者金融も銀行カードローンも最初から最高限度額いっぱいまで借入できるわけではありません。
契約時の借入限度額は基本的に50万円以下というケースが多く、消費者金融の場合だと適用金利は18%程度です。
銀行カードローンの場合だと年収や職業、信用情報の良し悪しなどによりますが、最初から100万円や200万円借りられることもあります。

適用金利を下げたいのであれば、信用を築くしかありません。
返済が遅れる人にお金は貸すのはリスクが非常に高いので、これは当然といえば当然です。
毎月しっかりと返済を行い、トラブルを起こさずに利用しつづけることによって、消費者金融や銀行の信用を得ることができます。
「6ヶ月以上利用している」「返済実績に問題がない」といった2点をクリアしているのであれば、限度額の増額ができる可能性があるので
、電話やインターネットなどで申請をしてみるのもいいでしょう。

金利は低いに越したことがない

金利は低いに越したがないといわれていますが、実際にどのくらい違うのか気になりますよね?
少しくらい金利が違っても変わらないだろうと思っている方も多いはずです。
ただ、その少しの金利の違いが返済を苦しくさせる要因にもなるので注意してください。

100万円を1年間借りた場合、実質年利10.0%だと返済総額は110万円になります。
一方、実質年利18.0%だと返済総額は118万円になるので、実質年利10.0%と比較すると8万円も多く支払うことになります。
同じ金額を借りてもここまで違うので、やはり金利は低いに越したことがないですよね?

少しでも支払いを楽にするためにも他社と比較して少しでも金利が低い消費者金融や銀行カードローンを探す、借入限度額を増額させて適
用金利を下げるといった工夫をしてください。
目先のお金だけを考えて金利を無視してしまうと後から大変なことになってしまいます。