カードローンの借入限度額を増額させる必要はない?

わざわざ借入限度額を増額させる必要はない?

借入限度額を増やすと適用金利を下げられるというメリットがあります。
金利が下がるのは喜ばしいことですが、そこまでお金を借りる予定がないのであれば、わざわざ借入限度額を増額させる必要はありません。
なぜなら、借入限度額を増やしてしまうと気持ちが大きくなり、借り過ぎてしまう恐れがあるからです。
「まだまだ借りられる」「金利が安いから平気」などと思ってしまい、必要以上に借りてしまうことが多いです。
金利を低くして支払いを楽にするために借入限度額を増やしたのにこれでは逆効果です。

最近ではリボ払いが一般的になっているので、毎月の返済は少ないです。
10万円や20万円借りても毎月の返済は5000円程度で済んでしまいます。
大金を借りているという実感が沸かず、さらに借入をしてしまう場合も珍しくないので、あえて借入限度額を増額させないというのもひとつの考え方です。

勧誘の電話が来る?

真面目に返済を続けていると業者から借入限度額増額に関する電話がかかってくることがあります。
「適用金利が安くなるので限度額を増やしませんか?」といった内容です。
今の限度額に不満を感じているなら増やしてもいいですが、不満がないなら勧誘は断りましょう。
消費者金融の勧誘はみなさんが思っている以上にしつこくありません。
断ればすぐに諦めてくれますし、何度も電話をかけてくることもないです。

仮に増額を希望する場合は、収入証明書が必要になります。
源泉徴収票、給与明細書、所得証明書、課税証明書といったものが収入証明書として使用できます。