キャッシングとカードローンの違いとは?

キャッシングとカードローンの決定的な違いは返済方法です。
上記でも説明しましたが、キャッシングは翌月一括払い、カードローンは分割払いが一般的な返済方法になります。
翌月一括払いには利息がつきづらいが大金を借りると返済が難しい、分割払いには大金を借りても返済が楽な反面、総支払額が多くなるというメリット・デメリットがあります。
返済方法はお金を借りる時に非常に重要なことなので、自分にとってどちらがいいのかをしっかりと考えてから選んでください。
仮にキャッシングで大金を借りてしまうと返済ができなくなりますし、少額融資をカードローンで行うと無駄にお金を多く支払うことになるので注意してください。

利用限度額にも違いがあります。

一般的にキャッシングはカードローンよりも利用限度額が低く設定されています。
キャッシングの場合は翌月一括払いということもあり、利用者の大半は小口融資を希望しています。
一方、カードローンだと分割払いなので、100万円や200万円といった大金を借りる人が多いです。
このように両者でターゲットが違うため、利用限度額も異なります。

金利や審査スピードの違い

さらに金利や審査のスピードにも異なります。
金利はキャッシングよりもカードローンの方が基本的に低く、審査はカードローンよりもキャッシングの方が早いです。
金利を取るならカードローン、すぐに借りたいならキャッシングと考えると分かりやすいかもしれません。